加工場のご紹介

キビまる豚−加工場の紹介

 2016年、八重瀬町に新設しました。

ここでは精肉加工から加熱食肉製品まで自社で行っています。
スライサーやバンドソーなどの精肉加工機器を導入し、
幅広い加工製造を可能にすることができました。
またシュリンカーやスモークハウスなどの特殊機器を使うことで

さらなる商品開発の可能性が広がっています。

枝肉保管庫

キビまる豚−枝肉保管庫

枝肉は衛生面に配慮してレールに乗せて搬入されます。庫内は1℃に設定され、鮮度を保つことが可能です。通年にわたって入庫が行われるため、新鮮チルド状態で全国に出荷しています。

カット室

キビまる豚−カット室

室温は13℃に設定。専任の職人が日本中のレストランからの特注オーダーにも対応しております。カット後はローラーコンベアで加工室へ移し、雑菌の付着を防ぐなど衛生管理に努めています。

加工室

キビまる豚−加工室

独自の衛生基準に沿ってスライスや真空包装を行っています。随時入る受注管理はデータで管理され、細かい加工注文に対応することが可能です。

二次加工室

キビまる豚−二次加工室

ハム・ソーセージなどの加工食品を製造しています。真空充填機を導入することで多くの注文に対応することが可能になりました。さらに、料理人のレシピに基づいてオリジナル商品の開発なども行っております。